庭づくり・エクステリア

ご相談からアフターフォロー
施工例まで。

家の周りをきれいにしたい!自分流のガーデニングをしてみたい!と思っても、 どこから進めていけばいいのかよくわからない事も多いのではないでしょうか。
そのような時のために、考えの進め方をまとめてみました。
もちろん「必ずこう進めなければならない」と言う事ではありませんが、計画の際の参考にどうぞ・・・。

TOEXガーデンルームキャンペーンサイトへ

まず、庭に必要なもの。そして、やりたい事は?

一番先に考えたい事は、庭に必要なものは何か、という事です。 いくら見栄えの綺麗な庭でも、生活のうえで違和感を感じるようであれば、 いい庭とは言えないでしょう。
駐車スペースは何台分必要か。自転車置き場やバックヤードは。 お年寄りがいるのなら階段よりはスロープがいい。 そういった、生活の便をまず最初に考えてみましょう。
その上で、庭でどんな事をしたいかを考えます。あまり難しく考えなくても大丈夫です。 花を育てたい、小鳥の来るような庭にしたい、子供を遊ばせたい、ゆっくり眺めてくつろぎたい、 あまり手間がかからないようにしたい、といった感じで十分です。 そこから、庭に欲しいものが見えてきます。
小鳥が来る庭なら、餌台だけではなく、実のなる木は欲しいところですし、 水浴びをする池や水盤があるといいでしょう。子供が走り回る庭なら、芝生を張って、 余裕があればのぼれるような大きい樹を植えるのもいいかもしれません。
思いついたものは書き出してみましょう。

敷地を調べよう

方眼紙などを用意して、敷地と建物、道路や隣地などを書いてみましょう。 大雑把なものでも、プランが立てやすくなります。 建物の工事の際の図面などがあれば、更にわかりやすくなるでしょう。 リビングや和室など、部屋の用途・様式は、そこから見える風景や その部屋からつながる空間をどう作るか、という計画の目安になります。
それと、少し細かい事になりますが、土地の高低や排水口、水道や電線、 ガス管が埋まっているところなどもわかれば、工事が具体化してきたときに役に立ちます。
また、道路や隣地の様子も大事です。 人通りの多い道に面しているならある程度目隠しも欲しくなるでしょうし、 隣が公園や手入れの行き届いている農地などだったら、開放的なプランもいいでしょう。 道路から少し高くなっている敷地であれば、コンクリートの土留めそのままよりは、 緑で覆ったり枕木などを活用すると、外から見たときにやわらかい印象になります。 遠景にきれいな山なみが見えるようであれば、隠してしまうより庭の眺めに活用したいところです。
この段階からプランナーに相談していただいても大丈夫です。 敷地などの条件を調べ、お客様の希望をすり合わせてプランニングし、 わかりやすい設計案を出して話し合いを進めていきます。

導線とゾーニング、フォーカルポイント

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、それほど難しい事ではありません。 そして、使い勝手の良い庭を造る上では大事な事です。

庭での人の動き、見せたいものと隠したいものを考えてみます。 まず、大体のところでも空間の性格付けをしてみてください。 おもてのよく見える場所は主庭、裏口の方にはバックヤード、 車庫は出入りには便利だけど少し見えないほうにおきたい、など、 大雑把なかたちが見えてくると思います。
また、道路からの視線、アプローチから見る、リビングから見る、デッキや庭に出て見る、 などと想定して視線を集めるポイント(フォーカルポイント)を作る事で、 まとまりのある庭になります。 樹木や花壇、庭石、ベンチや鉢などのガーデンアイテムをうまく活用できるポイントです。

それらの事を考えながら、先ほど作った見取り図に、必要なもの、欲しいものの順に配置してみましょう。 そして、それを使う人の動きを線で書いてみます。 例えば、玄関からアプローチを通って門まで、ガレージへの出入り、勝手口とバックヤード、 家庭菜園や花壇までは水やりのホースを引く事も考えたいなど、 思いつく動きは線で引いてみましょう。
同じものでも、置き方を少し考えてみるとまるで違う景や使い勝手になります。 いろんなことを想定して、形や大きさを工夫しながら配置してみるといいでしょう。
線がスムーズな曲線になるようなら、自然な動きで歩ける、使い勝手のいい庭になります。
よくわからないようでしたら、プランナーに相談して、示されたプランを基に検討してみるのもいいでしょう。

イメージを持とう

庭を造る、と考えると、まずここから入る人も多いですが、 上記の手順を踏んできた方が、まとまりのあって使いやすい、良い庭が出来ます。
漠然としたものよりは、やはりしっかりした完成形のイメージを持つことが大事です。
雑誌の写真やイラストなども参考になるでしょうし、自分でいろんな庭を見てみるのもいいものです。 知り合いの庭や、喫茶店やペンションなど、ちょっと頼めば見せてくれるところも多いですし、 オープンガーデンの企画に参加してみるのもいいでしょう。 緑化フェアやガーデニングフェスタのような催しは、 あまり近場で頻繁に開かれるものではありませんが、参考になる事も多いです。 また、住宅展示場も、外周りにも力を入れているものもありますので、見てみると良いかもしれません。

ご相談の際は、参考にした雑誌や、自分で撮った写真、イメージイラストなどを用意する事をお勧めします。 言葉だけでは、どうしても思い浮かべたイメージを伝えにくいものです。 実際の例をを示して、こういう感じで、と話した方がプランナーにも伝わりやすく、 話し合いがスムーズに進みます。プランナーは、お客様に示していただいたイメージを生かし、 よりよいプランを目指してご提案します。
ViewGardenにも、実際に作ったコーナーがいくつもありますし、 これまでの施工例やガーデニングの資料がご覧いただけるようになっています。 参考にしてみてください。

手間とコスト

手入れの行き届いている庭は美しいものです。広さや工事の規模に関わらず、何年経ってもきちんと手の入っている庭は気持ちのいい温かみがあります。

庭づくりは、工事が終われば出来上がり、というものではありません。
むしろ、そこからがスタート。木々が根付き、手を掛けて、年数を重ねていくごとに徐々に完成していきます。 ですから、プランの段階で、継続的にどれだけの手間とコストをかけられるか、 という事を考えておく事はとても大切です。 それにより、植栽や花壇の大きさを決めましょう。
仕事などであまり庭に手をかけられないのであれば、雑草を抑えるレンガや枕木敷きなどをメインにする、 というのもひとつの方法です。
雑誌などに載っている、花いっぱいのきれいな庭に憧れて工事をしても、 その後に十分な手間をかけられずに荒れてしまった、という話もあります。 一度荒れ始めると、気持ちが離れてだんだん面倒になってしまう、という事もありますので、 最初は無理をせずに手をかけられる範囲で十分にきれいになる庭、というくらいでよいと思います。 余裕が出来てきたらだんだんに手をかけるスペースを増やしていきたい、 という要望にも対応できます。
また、花苗などにお金をかけて素晴らしい花壇を作っても、 周りの植木はボサボサ、という状態では何だかちぐはぐな庭になってしまいます。
素人では剪定しかねるような大きい樹を入れたときは、 やはり定期的にプロの手を入れることも考えておきたいところです。

庭の植物と土

当たり前の事ですが、植物は生き物です。その場所で、元気に生きられる、という事が大前提。 各地の庭を紹介した雑誌などに載っている写真の植物が素晴らしく見えても、 岩手の気候風土に合わないものはお勧めできません。最悪の場合は死んでしまいますし、 枯れないまでも、元気なくやっと生きている、という感じでは、あまりきれいなものではありません。
植栽で迷ったらご相談下さい。この土地に生えているものだけでも個性的な庭をご提案できますし、 新樹種や周りにあまりない植物を使いたい、というご要望にも対応できるよう心がけています。 草花や小さい木であれば、寒さに弱いものでも、冬は鉢上げして屋内に移したり、 藁やビニールで囲って冬越しさせる、といった工夫で活用できるものもあります。

また、日当たりと並んで、水はけと土の状態は、植物にとっては極めて重要なものです。
しかし、宅地の造成には植栽には向かない粘土のような土が使われており、 庭のスペースにもそのままの土が入っている上に、山砂や黒土を薄くかぶせている場合がほとんどです。 植栽のための水はけなどが考慮されているケースも少ないです。 建築や造成を請け負った業者によっては、コンクリートの塊や建材の余りを埋めている悪質な例もあります。
たいていの場合、植栽をしようと思うスペースには土の入れ替えや土壌改良などが必要です。

予算計画

ガーデンプランを立てる上で、大きな、そして避けられない問題が費用です。 是非やりたい事を並べていくと、たいてい、お客様の想像より大きな予算になってしまう庭工事。 イメージどおりの庭に向けた工事を、いっぺんに出来る事の方が難しいのが現実です。
そういった場合は、全体のプランニングはしっかりと決めておいて、 予算に応じて何期かに工事を分けて進めていきましょう。 最初の段階で必要なものから優先順位をつけて、次の春くらいに、とか5年計画で、 といった大まかな目安に従って、出来る範囲内で進めていくのが良いと思います。 それをしないと、間違った順番に工事を進めてしまい、ムダな費用をかけてしまったり、 まとまりのない庭になってしまう事が多いです。

冬のこと

最近は暖冬傾向にあるとは言え、岩手に住んでいる以上、冬のことを考えない訳にはいきません。
まず考えるのは、アプローチなどが凍って滑りやすくなるという事と、除雪の便、そしてカーポート。 アプローチには滑りやすい素材を使わない、急なスロープは作らないなどの配慮が必要です。 砂利などもなるべく除雪によって散らないようにしたいものです。 カーポートは、車の雪おろしが不要になるだけではなく、霜で窓が凍りつきにくいというメリットがあります。 (但し、大雪の場合は、カーポートの雪を下ろす必要があることをお忘れなく。)
屋根からの落雪が心配なところには、樹を植えたり、 カーポートやフェンスなど壊れやすいものを配置するのは避けなければなりません。 もしスペースの都合で配置したい場合は、しっかりとした雪止め対策が必要です。
また、アスファルトやインターロッキングなどの敷き物は、関東などと同じ仕様で作ると、 凍って持ち上がってしまうので(凍み上がる、と言っています) コストアップしても地盤をしっかりと作らなくてはなりません。春先には雪が融けて泥だらけになる心配もあります。
どうしても制約が増えてしまうのは仕方がありませんが、 冬囲いを工夫して季節感を楽しんだり、うっすらと積もった雪に映える風景を造ってみる、 などと楽しみ方を考えてみるのもいいかもしれません。